考察

ポケモンGO:リージョンフォルム(アローラの姿)への分岐進化は?

PokemonAroraSinka

ポケモンGOにリージョンフォルム(アローラの姿)のポケモンが登場することが分かりました。

そして、ピカチュウ、タマタマ、カラカラ原種とアローラの姿に分岐進化するかもしれません。

今回の記事では原作での進化条件をもとにポケモンGOの分岐進化を予想してみます。

画像引用:ポケモンまとめマスター

続きを読む

ポケモンGO:ゴーストタイプの出現場所・ポケソース密集を原作から考察

PokemonGOGosutoSosu

ポケモンGO、ミュウのスペシャルミッションの1つ、「ゴーストタイプをゲット」で苦戦されている方が多いようです。

というのも ゴーストタイプの出現場所が分かりにくいためです。

今回の記事ではゴーストタイプの出現場所・ポケソース密集を原作から考察いたします。

あくまで考察なので記事の内容が正しいとは限りません。あらかじめご了承ください。

画像引用:Appliv Games

続きを読む

ポケモンGO:難関メダル!ゴーストタイプの出現場所、天候ブーストは?

PokemonGOGosuto

ポケモンには様々なタイプがあり、出現場所の傾向やタイプに応じたメダル、天候ブーストがあります。

その中でもゴーストタイプは見つけずらく、ミュウに出会うのに必須になりました。

今回の記事ではゴーストタイプのメダルを上げるための効率的なやり方をまとめました。

続きを読む

ポケモンGO:同じ場所?コミュニティデイの色違い確率は偏っている?

PokemonGOIrotigaiKatayori

ポケモンGOでは月に一度、「コミュニティデイ」という特定のポケモンが大量発生するイベントが開催されています。

そして、コミュニティデイでは色違いの出現確率が非常に高く、また、同じ場所からでやすいようです。

今回の記事では色違いの出現確率の偏りについてまとめました。

※ あくまでも管理人の検証結果をもとにした記事です。

続きを読む

ポケモンGO:EXレイド開催ジムの仕組みが判明?予測可能?公園は?

PokemonGOEXReidoKaisai

ポケモンGOでミュウツーのEXレイドが本格実装されましたが、なかなか届かないという方も多いと思います。

そんな中、ある海外ユーザーが「EXレイド開催ジムの仕組み・法則」を発見したと話題になっています。

今回の記事では法則の紹介と公園ジムの見分け方をお伝えします。

あくまでも検証や分析によるもので、すべて正しいとは限りません。

画像引用:ITmedia LifeStyle 

続きを読む

ポケモンGO:iPhoneに新機能AR+登場!Androidは?

PokemonGOAr+

ポケモンGOにiPhone・iOS11の新機能として、「AR+」モードが登場します。

「AR+」モードではポケモンに近づく、回り込むなど、よりリアルに感じることができる新しいゲット方法で、ボーナスもあります。

今回の記事では「AR+」モードの紹介とAndroid端末での今後を考察します。

画像引用:ポケモンGO公式サイト

続きを読む

ポケモンGO考察:ゴプラの自動化ができなくなった?バグ、対策?

PokemonGOGopuraTaisaku

ポケモンGOの公式アイテムに「PokemonGO Plus(通称 ゴプラ)」があり、これを用いると画面を見なくともポケモンのゲットできます。

「PokemonGO Plus」のボタンを押さずに済むようにする方法を「自動化」といいますが、アップデートによってできなくなった模様です。

今回の記事ではバグなのか対策なのか考察します。

画像引用:ポケモンGO攻略まとめ速報!!

続きを読む

ポケモンGO:晴れなのに雨?出現変化、アチャモ・タネボー大量発生?

PokemonGOSyutugenHenka

ポケモンGOに第三世代のポケモンと天候機能が実装され、10日ほど経ちました。

そんな中、晴れているのにポケモンGOでは雨だったり、アチャモ・タネボーが大量発生したりと変化が起きています。

今回の記事ではポケモンの出現、天気の変化について考察し、原作の大量発生についても記載します。

あくまでも管理人の体感で、実際の仕様や地域によって異なる可能性もあります。

画像引用:ポケモンGO攻略まとめ速報

続きを読む

ポケモンGO:ジョン・ハンケ氏がサーチツールをチート・不正と認定

PokemonGOSearchHusei

ポケモンGOにはサーチツールと呼ばれるポケモンの出現が分かる非公式のアプリがあります。

これらのアプリについてポケモンGO公式の対応は不明確な部分があり、ユーザー間でも賛否両論となっています。

そんな中、ナイアンティック社CEOのジョン・ハンケ氏が自身の著書の中でサーチツールをチート・不正と認定していたのでご紹介いたします。

画像引用:ポケモンGOクラスタ
まぬけブログ

続きを読む